-12.07.17


Fiat,Lancia,Ferrariの1/87,1/90スケールの新着商品です。
BREKINA,BUSCH,SCHUCOの1/87ダイキャストモデルとSCHUCO Piccoloの1/90ダイキャストモデルの新作です。
NEW!!BREKINA: Fiat 600D Multipla 1960: *1/87 Plastic Diecast Models
1980年、玩具市場に経験の有る3人のドイツ人によってTeningenに設立されたブレキナ(*BREKINA)。鉄道模型の本場ドイツのブランドらしいHOゲージ=1/87スケールのモデルカーに注力して、今ではその通好みの車種構成で評価されています。 残念ながら製品の多くはドイツ車ですが、2007年からイタリア車も少し手掛ける様になりました。今回は当店がイタリアで見つけたフィアット車の新作、FIAT 600D ムルティプラです。 1957年にフィアットの誇る天才技師、ダンテ・ジアコーザのアイデアで生まれたリアエンジン大衆車Fiat 600をベースにした3列6人掛けワゴンのムルティプラ(*Multipla)。 文字どおり多目的に利用されたこの車は今日のワンボックス・ファミリーカーの先駆けとも言える車です。 今回は1960年にベースとなったFiat600D同様にマイナーチェンジされた600D Multiplaの1/87スケールモデルです。 毎年色バリエーションを変えて製品化されるのも同一車種をコレクションする方には楽しみなブランドです。 確かな造形で小さくともムルティプラを正確に再現しています。(*1/87スケール。 写真のケース付き *割り引き除外品
*下写真奥に写っている1/43ムルティプラはこちらです。


FIAT 600D Multipla 1960
BREK4546 : \3,000- (*Dark Red) *New arrival!


*Rear View(*内装色:Light Tan)


*Front View


*Side View (*全長4.0cm)


FIAT 600D Multipla 1960
BREK4509 : (*Dark Blue)
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front View


*Side View (*全長4.0cm)


FIAT 600D Multipla 1960
BREK4516 : (*Dark Grey)
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Dark Red)


*Front View


*Side View (*全長4.0cm)

NEW!!BREKINA: Fiat 600D Multipla 1960 *two tone color : *1/87 Plastic Diecast Models


同じくBREKINAのフィアット600ムルティプラです。 
こちらはの2トーンカラーのモデルです。 どれもムルティプラらしい配色で独特の元祖モノ・ヴォリュームフォルムを際立たせています。 小さくても確かなBREKINAの造形力が光ります。




*左写に一緒に写っているのはGIOCHER製1/43スケールのモデルです。(※別売)


FIAT 600D Multipla1960
BREK2453: (*RED/Black)
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front View


*Side View


FIAT 600D Multipla1960
BREK2454: (*Light Blue/Blue)
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front View


*Side View


FIAT 600D Multipla1960
BREK2455: (*Light Brown/Beige)
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front View


*小さくても裏面もしっかり造形しています


*Side View

NEW!!BREKINA: Fiat 600D Multipla 1960 "RAI" : *1/87 Plastic Diecast Models

同じくBREKINAのFIAT 600 ムルティプラです。
こちらはイタリア国営放送協会RAI(*Radiotelevisione Italiana)の車両です。

ラジオ放送局"URI"(Unione Radiofonica Italiana)として開局した1924年に遡る歴史を持つRAIは1954年に初のテレビ放送を行い、後に"Radio Audizioni Italiane"に名称変更してから今日はRAIを正式名としてRAI 1(UNO)、RAI 2(DUE)、RAI 3(TRE)の3チャンネルでテレビ放送の他ラジオも3チャンネルでイタリア全土に放送を行っています。 そのRAIのマーク入りのムルテイプラです。

※一緒に写っているのはBRUMM製1/43のMultipla"RAI"です。


FIAT 600D Multipla1960 "RAI"
BREK2454RAI: (*Light Blue/Blue)
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


※イタリア旧国営放送局"RAI"のロゴがボディサイドに入っています。


*Front View


*Side View

NEW!!BREKINA: Fiat ZETA 1972-82 : *1/87 Plastic Diecast Models

*左は実車の写真です。















こちらもBREKINAの1/87スケールモデルのFiatの珍しい中型Van/トラックモデルのZetaです。FIAT Z(*ZETA)はフィアットグループの中で総重量5〜8トンクラスのトラック車両を受け持つブレシアに拠点を持つOM(*Officine Mecchaniche)の開発により1972年に発表されました。

FIAT傘下に入る前に1950年代に開発されてマイナーチェンジを経て永く継続して来たOMの車種を刷新するモデルとしてOMブランドではOM55のネーミングで、又ドイツではBussing-OMとしても販売されました。
FIATブランドではZETA50, ZETA55NCは4,561cc4気筒/50-55HPディーゼルエンジン搭載モデルから6気筒エンジン搭載の80-90-100NCまで幅広くラインナップしています。 1976年にはフィアットの大型車両部門として新たにIVECOが創設された事に伴ってFIAT-OM各ブランドのZETAに搭載するエンジンはFIAT製の82,90,122HPディーゼルエンジンに整理されました。 又一部IVECO傘下のドイツMAGIRUS-DEUTZでは独自の空冷エンジンも搭載されました。 今回御紹介するのはクローズドコンテナ仕様のFIAT ZETAを、見た目もイタリアらしいFIATのエンジンオイル/潤滑油ブランドであるOLIO FIAT(グリーン、ブルー)、タイプライターで世界的に有名なOLIVETTI、そしてイタリア赤十字の救急車仕様で再現しています。 正確な造形で細部まで丁寧に作られたモデルです。


Fiat ZETA 1972-82 " OLIO FIAT "
BREK34511: (*Green) 
※完売*Sold out


*Rear View (*全長6.5cm)


*Front View


*Side View



*裏面も小さいながら丁寧な造形です。スペアタイヤも装着しています。

※モデルはソフト塩ビクリアパッケージ入り。サイドミラーは別パーツで付属しています。


*olio fiatのオイル缶を持つ有名なMarcello Nizzoliのイラスト
の入った1/43 Fiat Multiplaと比べてみました。


Fiat ZETA 1972-82 " OLIO FIAT "
BREK34510: (*Blue) 
※完売*Sold out


*Rear View


*Front View


*Side View

*巨匠Marcello Nizzoliのデザインによる、有名なオイル缶を持つオイルマンのイラストが入る側面です。


Fiat ZETA 1972-82 " Olivetti "
BREK34522: \3,800- (*Dark Beige)


*Rear View


*Front View


*Side View

*1908年、イタリア北部イヴレーアに創業した現在はテレコムイタリア傘下となった老舗企業、olivetti。優れたタイプライターで世界企業に発展しました。 こちらはボディ側面に1955年にGiovanni Pintoriの広告デザインで大ヒットしたタイプライター、Lexikonの広告が入っています。


Fiat ZETA 1972-82 " Croce Rossa Italiana "
BREK34503CRI: \4,400- (*Ivory) *特注改造モデル


*Rear View


*Front View











*右に写っているSCHUCO-PICCOLOの
Fiat 500はこちらです。


*Side View

*スイスジュネーブでの国際赤十字会議より2ヶ月早く1864年6月15日ミラノに創設されたイタリア医療協会ミラノ医事委員会が母体となっているイタリア赤十字。 現在はローマに本部を置く国際赤十字イタリア支部としてイタリア全土で活動しています。

BUSCH: Fiat 500F 1965, Steyr Puch 500S 1967 :*1/87 Plastic Diecast Models










                *BRUMM製1/43Fiat500Fはこちらです。

こちらは同じくドイツでHOゲージ=1/87スケールモデルを手掛けるBUSCHのフィアット/シュタイヤ・プフ500のモデルです。
1957年にフィアットが発表して大ヒットとなったFiat Nuova 500。 同年、小型車の技術供与契約を結んでいたオーストリアのシュタイア・ダイムラー・プフ版のSteyr Puch500もオーストリア市場にデビューしました。 本家FIAT500が1965年にマイナーチェンジした500Fでドアが前ヒンジに変わるとPUCH500も同様に500Sとして前ヒンジドアにモデルチェンジしました。今回はその本家Fiat500Fと分家(?)Puch500Sの1/87スケールモデルです。かつて夏のイタリア各地で良く見られたであろうルーフキャリアに荷物を積み上げたFiat500Fと消防パトロールカー仕様のSteyr Puch 500Sです。(*写真の透明ソフト塩ビケース入り)


Fiat 500F 1965
BCH48714:(*Red) 
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Brown)


*Front View


*Side View
(*全長3.4cm)

ObsoleteBUSCH: Steyr Puch 500S 1967-*1/87 Plastic Diecast Models *絶版1/87モデル

こちらもBUSCH製の*1/87 Steyr Puch 500Sです。
本家のマイナーチェンジに合わせて1965年ドアが前ヒンジとなり1967年発表されたのが
493cc/20 hp エンジン搭載のこのモデルでした。 ルーフに小さなパイロットランプが付いたこの車両は、オーストリア南東部Feldbach市の消防パトロール車仕様のPuch 500Sです。 1/87と小さなスケールですがFIATと異なるSteyr Puchのフロントバッジもきちんと再現しています。


Steyr Puch 500S 1967
BCH48752:(*Red) 
※完売*Sold out


*Rear View(*内装色:Grey)


*Front View


*Side View

*オーストリア、Feldbach市消防局の紋章入りです。

NEW!!SCHUCO : Fiat 500R Carabinieri, Fiat 500D Giardiniera: *1/87 Diecast Models

こちらはやはりドイツSchuco社の1/87スケールモデルです。 BREKINA,BUSCH同様に鉄道模型本場のドイツが得意とする1/87スケールの中でどうしてもイタリア車は少数派で中々モデル化されませんが、やはりヨーロッパ車の歴史上でも欠かせないFIAT500はこちらも製品化しています。 今回はイタリア治安軍警察でお馴染みのカラビニエリ(*CARABINIERI)のマスコットカーして記念日のパレードの人気を集めるFIAT 500R Carabinieriパトカー仕様と500ワゴン仕様のジャルディニエラ(*Giardiniera)の2種類です。 こちらも小さくともしっかり実車の雰囲気を再現しています。
(*ドイツDicky-Schuco社の企画、中国製ダイキャストモデル)


 
*上はパレードに参加している実車です。 ベース車はFIAT500の最終型500R


Fiat 500 "Carabinieri" 1965
*SCH863 :(*Dark Blue/White)
※完売*Sold out


*Rear View


*Front View


*Side View (*全長3.5cm)

*マスコットカーなのでボディには最新のCARABINIERIグラフィックを施しています。



 ※上のBRUMM製 1/43 Fiat 500 Giardiniera 誕生50周年記念モデルはこちらです。



Fiat 500 Giardiniera 1960
*SCH950 :(Blue)
※完売*Sold out


*Rear View


*Front View


*Side View
(*全長3.65cm)

*リアエンジンでありながら天才技術者ダンテ・ジアコーザのアイデアが生み出したFIAT500のワゴン版が英語のGardenを意味する500ジャルディニエラ(Giardiniera)です。

NEW!!Schuco-Piccolo:Ferrari 250 GTO1963, Fiat 131Abarth Rally 1978 & Lancia Stratos 1978-1/90 ダイキャスト限定モデル

同じくドイツの老舗SCHUCO社のHOゲージ=1/87にこだわらない小さなマスコットサイズの
1/90スケールのダイキャストモデルとして人気の高いPICCOLOシリーズに加わったFerrari 250GTO, Fiat 131 Abarth とLancia Stratosです。
3車とも1/90と小さなスケールでありながら美しいタンポプリントで細かなマークまでしっかり再現しています。 独特の雰囲気を持つピッコロシリーズに久々に加わったイタリアの名車です!
(※各1,000個限定品)

*左のTransporterはこちらです。(*BUB製1/87モデル)


*Ferrariの生み出したレーシングGTカーを語る上で欠かせない250GTO。 今やオークション市場最高値を更新し続ける走る芸術品とも言える存在です。 
フェラーリがスポーツカー世界選手権に向けて当時の主任技師ジョット・ビッザリーニの手によって生み出された、ホモローゲーション取得に裏技(?)を使った事でも有名な世界一どう猛で美しいGTカーです。
このS/N 3729GTを持つ白いボディカラーの250GTOは1963年のR.A.C.Tourist Trophyでイギリス人Mike Parksのドライブで総合2位になった車両です。 ピッコロシリーズ独特のデフォルメされた姿にワイヤーホイールパターンをタンポプリントで再現して味の有るモデルに仕上げています。


Ferrari 250GTO Tourist Trophy 1963 *2nd
SCH5083 : \2,900 (White)


*Rear View


*Front View


*Side View (*全長約4.8cm)
Driver: Mike Parks

*ウインドウ部分はシルバーでペイントされています。




市販車Fiat131の2ドアセダンをベースにアバルトがボディ、エンジン、脚回りと全てにチューニングを施したWRC専用マシンがこのFiat 131 Abarth Rallyでした。 ベルトーネの手で140HPエンジン搭載の市販車としても400台が生産・販売される一方、ワークスマシンは215HPの最高出力を発生します。 1977年、78年、80年と3回WRCタイトルを獲得した名車です。
こちらは1978年のポルトガル・ラリーでM.ALEN/I.KIVIMAKI組のドライブで優勝したFIATワークス/ALITALIAカラーの131Abarth Rallyです。 ランチア・ストラトスから引き続きフィアット・ワークスチームをスポンサードしたアリタリア航空のマークをボディ全面にグラフィックとして採用している点でもイタリアを代表している車という雰囲気が溢れています。 WRCタイトルを獲得したフィアットのラリー史に欠かせないモデルがピッコロシリーズに加わりました。 


Fiat 131 Abarth #4 Rally Portugal 1978 winner
SCH5972 : (White/Red/Green)
※完売*Sold out


*Rear View


*Front View


*Side View (*全長約4,8cm)
*Driver: M. Alen/ I .Kivimaki

*ウインドウ部分はシルバーでペイントされています。



WRCの歴史を飾ったイタリア車で決して外せないモデル、ランチア・ストラトスです。 先のFiat 131 Abarth Rallyに代わるまで1974〜76の3年連続ランチアワークス優勝に貢献した事でベルトーネ/マルチェロ・ガンディーニのデザインによる特異な姿と共に今や伝説と言える存在です。 今回はランチアのワークス活動が終了した1978年以後もセミワークス/プライベートチームの手で時にワークスチームを破って優勝をもぎ取って其の高い戦闘能力を見せつけました。このピッコロシリーズのモデルは1978年のSanremo Rallyにワークス・ランチアとして最後の優勝を飾ったフィンランドの名手Markku Alen/ Ilkka Kivimakii 組の車輌です。 75年から続いたALITALIAカラーを上のFia131 Abarth Rallyに譲って、タイヤメーカーPIRELLIの赤/黒/白のスポンサーカラーをまとったストラトスを小さくてもしっかり再現しています。 こちらもラリーのストラトスに外せない一台です。


Lancia Stratos HF #4 Rally San Remo 1978
SCH5961 : \3,100- (*Black/Red/White)


*Rear View


*Front View


*Side View (*全長約4.2cm)
*Driver: M. Alen/ I .Kivimaki
*ウインドウ部分はシルバーでペイントされています。