-13.04.25


Piaggio- "APE" の1/32スケールダイキャストモデルです。
NEW!! APE Collection by Hachette Italia(*Hachette FascicoliI特注ダイキャストモデル、Piaggio社ライセンス品)
フランス系の出版社、Hachette Italiaが企画し小冊子と共にイタリア国内の新聞、雑誌を販売するエディコラ(*Edicola)と呼ばれるニューススタンドを通じてのみ販売されるモデルカー+ブックレット、APE COLLECTIONと銘打ったシリーズの1/32ダイキャストモデルが入荷しました。 Vespaで有名なイタリアを代表するスクーター/2輪車メーカーピアッジオ社のもう一つの代表車、イタリアならではの3輪軽便車輌・APEにフォーカスしたイタリア度の濃いモデルです。 ※今回の商品には冊子は付属しません。 モデルカーのみとなります。
※ケースは写真の成形ブリックパック入りです。現地発売元出荷時及びイタリアからの輸入の際にモデルのブリックパックに変型、小傷、多少の擦り傷があります。
モデルカー本体に問題はありません。 
また商品検品の為ブリックパックを一度開封したものもございますのでその点予めご了承下さい。
※各モデルはプラスティックベースのみとなります。 ※会員割り引き対象外となります。
*イタリア・Hachetteの企画・プロデュースに依る中国製1/32スケール・メタル/プラスティックダイキャストモデルです。※その他のAPE Collectionはこちらもどうぞ!
NEW!! APE Collection : PIaggio APE A125 Cassoncino 1948-52 - 1/32 Metal+plastic Diecast Model
1946年に誕生したPIAGGIO社が航空機設計技術を生かして開発したスクーターVESPAは 、まだまだ自家用車など高嶺の花だった時代に日常生活の行動範囲を飛躍的に広げる庶民の脚として爆発的ヒットとなり忽ちイタリア中に広まりました。

そして1948年、初代ヴェスパ98(*98cc/3.2HP-単気筒2サイクルエンジン)から124.85ccに拡大されて最大出力4.5HPとなったヴェスパ125が誕生した時にPIAGGIO社は仕事に使える低燃費で経済性の高い軽便車両としてVespaの座席から後ろに荷台を付けた三輪車のAPEを送りだしました。

貨物を積んで不足のない性能を得るために、エンジンはVespaの98ccから125ccにアップされイタリア語で「働き蜂」を意味する『APE(アペ)』のネーミング通り、リアの荷台に最大200Kgの荷物を積めるこの車も狭い旧市街の路地の隅々まで庶民の生活を支える運搬車両としてイタリア中で活躍しました。 APEシリーズはその後も現在までモデルチェンジとヴァリエーションを増やしながら今やイタリアの風景の一部と言える程お馴染みの存在です。 その原点となる初代モデルです。

モデルでも1/32スケールの中に其の特徴を正確に再現しています。 
※モデルはプラスティックベースのみとなります。


APE A125 Cassoncino 1948
APE02
※完売 *SOLD OUT
*Cassoncinoとはイタリア語で小さなキャビン(荷室)の意味です


*Rear View(*モデルの前輪ハンドルは可動です。)


*Front View

*Spec.: 124.85cc-2サイクル単気筒強制空冷エンジン搭載
最大出力:4.5HP 前進3段+リバース、最高速40Km/h 最大積載量200Kg


*Side View (モデル全長約7,8cm)

NEW!! APE Collection : PIaggio APE B150 Pianale con Copertura -1/32 Metal+plastic Diecast Model

1953年にAPE B150が誕生しエンジンは排気量を145.44ccにアップして出力も5.5HPとなり更に積載能力をアップしました。 それに伴って最大積載量は300Kg、最高速も60Km/hとなりました。 翌1954年にはこのスティール製ルーフトップ(*伊語でCopertura)が備わったモデルも追加され雨天の運転席の快適性が向上しました。 モデルでも判る通り大きく彎曲させたフロントから後部荷台に伸びるユニークなルーフトップによってベースとなる二輪スクーターVESPAのイメージからずっと三輪車両の雰囲気に変わっています。
又バッテリーも大型化して強力になりました。 モデルでも其の特徴的な姿を忠実に再現しています。


APE B150 Pianale con copertura 1954
APE04
※完売 *SOLD OUT


*Rear View
*モデルの前輪ハンドルは可動です。


*Front View

*スティール製キャビン付きのフラットデッキ+幌仕様のモデル
*Spec.:145.45cc-2サイクル単気筒エンジン搭載
最大出力:5.5HP
前進四段+リバース、最高速60Km/h
最大積載量300Kg
全長3,175mm、全幅1,490mm、全高1,700mm
ホイールベース1,260mm


*Side View (モデル全長約8.0cm)

NEW!! APE Collection : PIaggio APE C2 Mezza Cabina 1959 -1/32 Metal+plastic Diecast Model

*左写真は1959年公開のイタリア映画「La Cambiale」に出て来る実車です。
主役の人気俳優ヴィットリオ・ガスマンと女優ジョルジア・モルのデートシーンで使われたAPE C2です。


こちらは1959年誕生のAPE C2です。 1956年にCシリーズとなってエンジンは排気量は引き続き145.44ccですが、出力は5.8HPとなりました。
更に初めてスティール製の一体型キャビンとなってスクーターからいよいよ三輪車両へとその姿も大きく変貌しました。 このリアの荷室にOTTAVIOのCASA DEL CANE(*ペットショップ)と宣伝の入った車両は前席の上半分がすっぱり切り取られた珍しい姿の一台です。 不朽の名作「ローマの休日」で世界的に知名度を上げたヴェスパはその後も様々な映画に登場していますが、1959年にイタリアで大ヒットした喜劇映画「La Cambiale」に使われたのはOTTAVIOのペットショップに勤める店員役のビットリオ・グスマンが恋人の店主の娘役のジョルジア・モルとのデートに使った、APE C2のルーフをばっさり切り取ったオープン仕様のモデルです。 営業車としても様々な車体アレンジで使われたAPEを楽しく再現したモデルです。


APE C2 Mezza Cabina1959
APE08:\2,600- (*Light Grey)


*Rear View
*モデルの前輪ハンドルは可動です。


*Front View

*スティール製ハーフキャビン付きのクローズコンテナ仕様のモデル
*Spec.:
145.45cc-2サイクル単気筒エンジン搭載
最大出力:5.8HP
前進四段+リバース、最高速60Km/h
最大積載量350Kg
全長2,670mm、全幅1,310mm、全高1,560mm
ホイールベース1,060mm


*Side View (モデル全長約8,2cm)

NEW!! APE Collection : PIaggio APE C3 Calessino "Olimpiadi Roma" 1960 -1/32 Metal+plastic Diecast Model


*実車にも入るローマオリンピックの公式マークです。

1960年のAPE C3 Calessino(*座席仕様)です。 出力も8HPとなり更に積載能力をアップしました。 イタリアの首都ローマで開催された1960年の近代オリンピックではこのリア荷台部分を座席に変えたAPE C3がオリンピック村内で公式車両として選手や関係者の移動の脚として活躍しました。 ローマのシンボルであり建国神話の元になっている狼に育てられた双児の兄弟ロムルスとレムスの描かれたローマオリンピック公式シンボルマークも入っています。 こちらもイタリアに於けるアペの多用途を現す車両です。


APE C3 Calessino "Olimpiadi Roma 1960"
APE09
※完売 *SOLD OUT
*モデルの前輪ハンドルは可動です。


*Rear View


*Front View

*スティール製キャビン付きのフラットデッキ仕様のモデル
*Spec.:145.45cc-2サイクル単気筒エンジン搭載
最大出力:5.5HP
前進四段+リバース、最高速60Km/h
最大積載量300Kg 全長3,175mm、全幅1,490mm、全高1,700mm
ホイールベース1,260mm


*Side View (モデル全長約8,5cm)

NEW!! APE Collection : PIaggio APE D450 Furgone Pubblicitario1964 -1/32 Metal+plastic Diecast Model

1964年誕生のAPE D450です。
こちらはイタリアの流通・大手百貨店で有名なリナシェンテ百貨店の配送車両です。

「クリスマスまでお買い上げ商品は御自宅までAPEでお届けします」のキャッチコピーが入っています。

D450はピアッジオの研究陣が刷新した設計で更なるパワーアップと積載荷重の増加に対応するべく175cc/10.5HPエンジンを搭載、フロントスクリーンも1ピース化し、ヘッドライトもタイヤフェンダー上からフロントパネルに移されました。増加した積載重量で多様なニーズに応えた事からイタリアに多い小規模な家具等の職人工房から個人商店に”働く仲間”として歓迎されました。 又冬場対策にヒーター装備された最初のアペです。 ドアも前ヒンジに変わりました。
モデルでも其の姿を忠実に再現しています。


APE D450 Furgone "la Rinascente" 1964
APE16
※完売 *SOLD OUT


*Rear View
*モデルの前輪ハンドルは可動です。


*Front View

*スティール製キャビン付きのハードコンテナ仕様のモデル
*Spec.:1
175cc-2サイクル単気筒エンジン搭載
最大出力:10.5HP
前進四段+リバース、最高速60Km/h
最大積載量450Kg 全長3,140mm、全幅1,490mm、全高1,680mm
ホイールベース1,260mm


*Side View (モデル全長約8,5cm)

Obsolete!SCOTTOY: Vespa 125 APE Furgonetto 1948-絶版*1/38 White Metal+Resin ハンドメイドモデル

こちらはイタリアSCOTTOY製の旧MERCURY復刻モデル*1/38 の絶版品、VESPA 125 APEのフルゴネット(*小型ヴァン仕様)です。 1950年代に数多くのイタリア車を製品化した、イタリア・トリノのメーカー/マーキュリー(Mercury)社の製品のレプリカです。 SCOTTOYは旧Mercuryの型を使ってイタリアのジェノヴァで復刻製作していた珍しいメーカーです。 1946年、戦後の復興を懸けてイタリアの航空機メーカー・ピアッジオ社が開発した2輪スクーターVespa。その性能と実用性で忽ちイタリア中で大ヒットしました。 1948年誕生のVESPA125に同時に追加されたのがこの3輪仕様の『働くヴェスパ』APE 125でした。

SCOTTOYは同じモデルでも上で御紹介の現在の精密なダイキャストモデルとは趣の異なる、素朴な造形でMercuryのオリジナル同様に元々小さなヴェスパはスケールがちょっと珍しい
*1/38スケールとなっています。ホワイトメタル素材でハンドメイドならではの独特の味のある雰囲気を持ったモデルに仕上げています。 

*割り引き除外品


車体後部のハードケース部分に1845年、ミラノ生れのイタリアでは「アマーロ」と総称される独特の甘くて苦い味の食後酒で有名なRAMAZOTTIとイタリア料理には欠かせない高品質なオリーブオイルで有名なOLIO SASSOのロゴマークが入った楽しい営業車です。 白タイヤ装着でよりクラシックな雰囲気を醸し出しています。

※左写真でAPEと一緒に写っているRAMAZOTTI営業車は各々別売品です。(*ミニチュアボトルは非売品)

*左からグレーの
フィアット・ムルティプラ・コリアスコフィアット600Tフィアット1100Eのモデルです。


Vespa 125 APE Furgonetto "RAMAZOTTI"1948
SCOTT16RAM\6,300-(*Red/Black)


*Rear View


*Front View


*Side View
(
モデル全長約8cm)



同じくSCOTTOYのこちらは1860年創業のオリーブオイルの老舗中の老舗、オリオ・サッソ(*Olio Sasso)の営業運搬車です。イタリアの食文化へ最初にオリーブオイルをもたらしたフェニキア、ギリシャ文明の影響の残るリグーリア地方(州都はジェノヴァ)で小粒ながら良質で有名なタッジアスカ種を使ったプレミアムオリーブオイルを生産する、現在もイタリアでは高級レストランで使用される確固たるメーカーとして有名です。 イタリアらしい明るいパステル系オリーブグリーンと白いコンテナ部分コントラストが美しいモデルです。
こちらもホワイトタイヤのモデルです。 
(*割り引き除外品)

※一緒に写真に写っている1/43 Fiat Multipla Coriasco" OLIO SASSO"はこちらです。


Vespa 125 APE Furgonetto "OLIO SASSO"1948
SCOTT16OL:(*Olive Green/White)
※完売 *SOLD OUT


*Rear View


*Front View


*Side View
(
モデル全長約8cm)

Vespaの新着商品です。
懐かしい雰囲気を持ったブリキ製のVespa GSです。
TintoyTinsplanet: Vespa GS 1955 - Tintoy -1/6 & 1/9

*パッケージは上のカートンボックス入りです。
左の写真の
VESPAキーホルダーは別売品です。
こちらはブリキ製のオブジェ、TinsplanetのVespa GSです。
上のアペで説明の通り、戦後の復興を懸けてイタリアの航空機メーカー・ピアッジオ社が開発した画期的な2輪スクーターVespa。 1948年誕生した2作目のVESPA125は1953年の映画「ローマの休日」のヒットで一躍世界中で有名になり、大ヒットしました。 1955年に誕生したVespa GSはそれまでフロントフェンダーに付いていたヘッドライトが初めてハンドル一体で高い位置に、変速も3段から4段に、シートも2名乗車を楽にするロングタイプ、2サイクルエンジンが124ccから145ccとなり出力は5HPから8HPへ、最高速度も100Km/hを達成する等大きく変貌した事でそれまでのモデルと一線を画する事になりました。 そのヴェスパGSを象った懐かしいブリキ製のオブジェです。
赤い方は約1/6スケール、黄色は約1/9スケールの大きさでアンティークの手作りのブリキおもちゃの雰囲気でヴェスパ独特のユニークな造形を中々上手く再現しています。手頃な価格も魅力です。(*紙箱入り)

※手作り製品の為アンティーク仕上げや細部の仕上げには1点1点多少のばらつきが有りますのでご了承下さい。又強度的に小さな子供さんに与えるおもちゃではありません。あくまでも飾って楽しむ商品ですのでその点はくれぐれも御注意下さい。(*Made in China)


Vespa GS 150 1955
TINVEST549MR:\6,500-(Red)


*Rear View


*Side View (*モデル全長約29,5cm)


Vespa GS 150 1955
TINVEST549SY:\5,000-(Yellow)


*Rear View
*こちらはスペアタイヤが付いていません


*Side View (*モデル全長約20cm)