-12.01.26


NEW!Aeronautica Militare N.10: Ansaldo SVA.10 1918:*1/72ダイキャストモデル + Booklet


ANSALDO SVA.10 1918 "Gabriele D'Annunzio"
FAM10: \3,700- ※再入荷 *Rearrival
*Rearrival is ONLY MODEL PLANE,not with leaflet.

※上の様にモデルとシリーズ小冊子、各航空機説明のリーフレットのセットです。
※再入荷品はモデルのみです。 冊子は付属しませんので御承知下さい。


Ansaldo SVA.10は1853年、ジョヴァンニ・アンサルド(*Giovanni Ansaldo)がジェノヴァに創立したイタリアの航空機・船舶製造会社が1917年に当時のイタリア王国空軍機として開発・製造した1918年の複葉機SVA.5の発展型です。 機体設計を手掛けたUmberto Savoia とRodlfo VerdusioAnsaldoの頭文字をとってSVAと付けられた航空機シリーズのSVA.5は当時優れた性能の小型戦闘機として1917年に誕生し、その後SVA6,8,9,そしてこのSVA.10と用途別の仕様ヴァリエーションを広げました。 あのタツィオ・ヌヴォラーリに「世界で一番早い男に世界で一番遅い動物を」と亀のシンボルを寄贈した事でも有名な、イタリアの愛国詩人として名高いガブリエーレ・ダヌンツィオ(*Gabriele D'Annunzio)は第一次世界大戦が始るや志願して空軍に入って1918年8月9日、第87戦闘機中隊"La Serenissima"の8機を率い、700マイルの往復飛行を行いウィーンに降伏のプロパガンダ用のビラを撒布して帰還すると言う離れ業を演じたのも復座仕様のこのSVA.10でした。 モデルはそのダヌンツィオがオーストリア作戦で使用した愛機を再現しています。


ANSALDO SVA.10 1918 "Gabriele D'Annunzio"


*Rear View

*SVA.10実機主要諸元( Specifications of the real plane):

*全長(
Length): 8.10 m
*翼長(Wingspan): 9.18 m
*全高(Height): 2.72 m
*乾燥重量(Empty weight): 730 kg
*積載総重量(Gross weight): 1,040 kg
*搭載エンジン(Powerplant): 1 × SPA 6A(*6 cilinders):220 hp
*Isotta -Fraschini V6:250 hp
*最高速度(Max. Speed): 219Km/h
*限界高度(Max. Service ceiling): 5,000m
*航続時間(Endurance): 4 Hours
*乗員(Crew): 2 Pilots



*Front View


*Side View(*全長約11.4cm)

*付属のNIEUPORT17のリーフレットの内容は下記を御参照下さい。*テキストはイタリア語表記のみです。


*機体説明のリーフレット裏面は美しい機体イラストが描かれています。 額装すると見栄えのする縦28.5cm x 88cmです。

*N.10付属のブックレットの内容見本は下記を御参照下さい。*テキストはイタリア語表記のみです。(*A4変形・12ページ)

※今号では1920-22年のイタリア王国空軍の活動として第一次世界大戦終結当時盛んになった速度・航続距離を競争するSchuneider Cup 1913-1931年の解説の他、1920年にローマ-東京の飛行訪問を達成したパイロット、Arturo Ferrarinの紹介もしています。