-再入荷11.12.09


イタリアSCOTTOYの1/48ホワイトメタルモデル、GIOCHERの1/43ダイキャスト,1/43レジンモデル、GLAMOURの1/43レジンモデルの再・新入荷商品です

ObsoleteSCOTTOY:Fiat Nuova 1100/103 1953 & Fiat 1500 Spyder 1964-1/48 White Metal Hand Made *Mercury Replica*絶版品
イタリアSCOTTOY製の*1/48 フィアットモデルの新作が入荷しました。
1950年代に数多くのイタリア車を製品化した、イタリア/マーキュリー(Mercury)社の製品のレプリカです。
旧Mercuryの型を使ってイタリアのジェノヴァで製作している珍しいメーカーです。戦後フィアットの復興期の中核モデル、Fiat Nuova1100/103と1964年にピニンファリーナデザインのボディにOSCA設計のツインカムエンジンを搭載していた1500スパイダーです。
1/48という今では珍しいスケール、’50〜60年代のMERCURYオリジナルの型を用いた当時のままの素朴な作りですが、ホワイトメタルによる少量ハンドメイドならではの独特の味のある雰囲気を持ったモデルに仕上げています。
※写真左のパッケージ(紙製)入りです。
*Fiat 1100は限定カラーのゴールドメタリックでMERCURYの復刻紙箱入りです。


Fiat Nuova 1100/103 1953
SCOTT21G:(*Gold metallic)
※完売*SOLD OUT


*Rear View(*内装色:ベージュ)


*Front View


*Side View


Fiat 1500 Spyder 1964
SCOTT23SG:\5,950 (Yellow)


*Rear View(*内装色:ブラック)


*Front View


*Side View

NEW!!SCOTTOY:Fiat 1500 Spyder 1964 "Corsa" -1/48 White Metal Hand Made *Mercury Replica*絶版品

同じくSCOTTOY製の*1/48 フィアットモデルの新作が入荷しました。
1964年にピニンファリーナデザインのボディにOSCA設計のツインカムエンジンを搭載していた1500スパイダーです。
こちらはゼッケン付きのレース出場車をイメージしたドライバーフィギュア付のヴァリエーションです。
1/48という今では珍しいスケール、’50〜60年代のMERCURYオリジナルの型を用いた当時のままの素朴な作りですが、ホワイトメタルによる少量ハンドメイドならではの独特の味のある雰囲気を持ったモデルに仕上げています。
※こちらは写真のBRUMMに特注したSCOTTOYのパッケージ入りです。その他のSCOTTOY製フィアットはこちらもどうぞ


Fiat 1500 Spyder 1964
SCOTT23COR:\5,950 (*Dark Brown)


*Rear View (*内装色:ブラック)


*Front View


*Side View

SCOTTOY: Fiat 600 "AGIP" 1956: 1/48 White Metal Hand Made *Mercury Replica *絶版品

1955年、戦前から続くFiat500"Topolino"に代わるフィアットの量販車種としてジュネーブショーで発表されたのは2,000mmのホイールベースにほぼ同じサイズの軽量モノコックボディを纏った全く新しいリアエンジンモデル、FIAT600でした。 コンパクトサイズながらリアエンジンレイアウトと巧みなパッケージで4人乗車を可能としています。リアに搭載された633ccエンジンは19HPを発生し最高速も100Km/hを達成していました。 今回は110個限定品として作られたイタリア炭化水素公社の石油製品ブランド、火を吹く6本脚の狼がシンボルのAGIPの営業車仕様のモデルです。(*写真の紙箱入り) SUPERCORTEMAGGIOREのレプリカ看板はこちらです。


Fiat 600 "AGIP" 1955
SCOTT33AG:¥5,600-(*Yellow) ※再入荷 *Rearrival


*Rear View (内装色:Cream)※全長約6.5cm


*Front View


*Side View(*内装色:Ivory)

ObsoleteSCOTTOY:Alfa Giulietta Sprint Corsa 1959-1/48 White Metal Hand Made *Mercury Replica *絶版品

イタリアSCOTTOY製の*1/48 アルファモデルの新作が入荷しました。
1950年代に数多くのイタリア車を製品化した、イタリア/マーキュリー(Mercury)社の製品のレプリカです。
イギリス人の熱心なMercuryコレクターがかつての型を使ってイタリアのジェノヴァに移住して製作している(!)という珍しいメーカーです。今回はアルファロメオ・ジュリエッタスプリント(2nd Series)のゼッケン付きレース車両です。
1/48という今では珍しいスケール、’50年代のMERCURYオリジナルの型を用いて
このモデルは内部造作の作られていない当時のままの素朴な作りですが、ホワイトメタルによる少量ハンドメイドならではの「味のある」独特の雰囲気を持ったモデルに仕上げています。

※写真左のパッケージ(紙製)入りです。


Giulietta Sprint Veloce Corsa 1959
SCOTT08COR:\5,600- (Yellow) ※再入荷 *Rearrival


*Rear View


*Front View


*Side View

SCOTTOY:Alfa Giulietta Berlina " Marmitta Abarth" 1955-1/48 White Metal Hand Made *Mercury Replica *絶版品

こちらもSCOTTOY製の*1/48 、ジュリエッタ・ベルリーナが久し振りに入荷しました。
'50年代のアルファロメオを支えた中核モデル、ジュリエッタ・ベルリーナ。 上記のジュリエッタ・スプリントの翌年追加された4ドアセダンがこのベルリーナでした。 こちらのモデルは内部も作られています。(*写真のSCOTTOYブランド紙箱入り)


左のRIO製1/43モデルのジュリエッタ・ベルリーナはこちらです。


Giulietta Berlina 1955
SCOTT03R:(*RED)
※完売*SOLD OUT


*Rear View(*内装色:Ivory)


*Front View


*Side View

GIOCHER: Fiat 600D Multipla 19601/43 Metal diecast model1/43*絶版ダイキャストモデル

現在はレジンハンド製少量製作モデルを手掛けるイタリアのGIOCHER製の絶版ダイキャストモデル、Fiat 600D Multipla "です。
1955年に誕生したフィアット600は戦後のイタリア大衆車としてヒットしますが、リアエンジンレイアウトの為通常の発想ではワゴンボディが出来ないという難点を当時の主任技師であったダンテ・ジアコーザは前席を前輪車軸上まで前進させるアイデアで見事解決、3列6人乗りを実現する事に成功しました。1957年、600ムルティプラ(*英語のMultipurpose)とネーミングされたこの車はタクシーとしても使われ、正に多目的車の原点と言えるモデルでした。
このモデルは1960年にFIAT600同様小変更を受けた600D Multiplaのルーフに荷物用キャリア(*イタリア語でPorta Pacchi)を付けた仕様です。

イタリアらしい洒落た2トーンの組み合わせともう一台はイタリアを代表する自動車タイヤ・ゴム系化学製品大手PIRELLIの営業車モデルです。
GIOCHERの少し古風な素朴な作りがムルティプラが活躍した時代の雰囲気も感じさせるモデルに仕上がっています。


Fiat 600D Multipla 1960 "Porta Pacci"
GR08B: ¥4,000-(*Light Blue/Blue) ※再入荷 *Rearrival


※Rear View (*内装色:Light Tan)


*Front View


※Side View


Fiat 600D Multipla 1960 "Porta Pacci"
GR08R: \4,000- (*Black/Red)※再入荷 *Rearrival


※Rear View (*内装色:Brown)


*Front View


※Side View



Fiat 600D Multipla 1960 "PIRELLI"
GR06PL:\3,800-(*YELLOW) ※再入荷 *Rearrival

※左はモデルのパッケージに印刷されたムルティプラのスペックです。


※Rear View (*内装色:Red)


*Front View


※Side View


Fiat 600D Multipla 1960 "Abarth & C"
GR14: \4,000- (*Red/Cream) ※再入荷*Rearrival


※Rear View(*内装色:Brown)

GIOCHER: FIAT 600 Multipla Coriasco 19571/43*絶版ダイキャストモデル

イタリアのGIOCHER製の絶版ダイキャストモデル、Fiat 600 Multipla "Coriasco"コマーシャルヴァンです。
1955年に誕生したフィアット600は戦後のイタリア大衆車としてヒットしますが、リアエンジンレイアウトの為通常の発想ではワゴンボディが出来ないという難点を当時の主任技師であったダンテ・ジアコーザは前席を前輪車軸上まで前進させるアイデアで見事解決、3列6人乗りを実現する事に成功しました。600ムルティプラ(*英語のMultipurpose)とネーミングされたこの車はタクシーとしても使われ、正に多目的車の原点と言えるモデルでした。

今回のモデルはトリノで商用車ボディを数多く手掛けたカロッツエリア、コリアスコ(Coriasco)が仕立てたクローズド・ヴァン・ボディのムルテイプラです。タイヤメーカーのPIRELLI,イタリアでは食前によく食べるトリノ名物の細長い棒状のパン、グリッシーニのブランドVITAVIGORの各営業車です。(※その他の広告、営業車両ヴァリエーションは
こちらもこちらもどうぞ)


Fiat 600 Multipla Coriasco"PIRELLI":
GR19P:\4,000 (*Yellow/Red) ※再入荷 *Rearrival


*Rear View


Fiat 600 Multipla Coriasco"VITAVIGOR":
GR19A:4,000 (*Red) ※再入荷 *Rearrival


*Rear View


Fiat 600 Multipla Coriasco"STAR":
GR19F \4,200 (*Yellow) ※再入荷


*Rear View

*イタリアではお馴染み料理用固形スープ、STARの営業車両です。(*写真のパッケージは参考品です。付属しません。)



Fiat 600 Multipla Coriasco
"Ambulanza Croce d'Oro Manesseno":
GR19AA : \4,200- (*Dark Green Metallic) 


*Rear View

※イタリア、ジェノヴァ近郊の町マネッセーノの修道会、金十字会の救急車両



Fiat 600 Multipla Coriasco"Permaflex":
GR19E: \4,000 (*Pink/White)


*Rear View
※ベッド用マットレス、パーマフレックスの営業・配送車


Fiat 600 Multipla Coriasco"RADIO WATT":
GR19W: \4,000 (*Light Blu/Blue)


*Rear View
※トリノのラジオ放送局のワットの営業車


Fiat 600 Multipla Coriasco"AMARO 18":
GR19G: \4,000 (*Yellow)


*Rear View
※イタリアではお馴染みの食後酒、アマーロ18の営業・配送車


Fiat 600 Multipla Coriasco"Ramazotti"
GR19RZ: \4,000 (*Grey)


*Rear View
※こちらも食後酒アマーロで有名なRAMAZOTTIの営業・配送車



Fiat 600 Multipla Coriasco"Mondial":
GR19N: \4,000 (*Dark Blue)



*Rear View

※革新的なDOHCエンジンで1949年から3年間2輪世界グランプリ3連覇を達成、当時のHONDAが2輪開発のお手本にするほど1950年代に一時代を築いたイタリアの2輪車メーカー、"Moto Mondial"の営業・配送車です。

NEW!!GIOCHER: Fiat Panda 1991〜20031/43ハンドメイドレジンモデル

同じくイタリア、ジョケール(GIOCHER)製のレジンハンドメイド1/43モデル、FIAT PANDA 後期型(1991〜2003)モデルです。
1980年に
PANDA 30/45として誕生したフィアットの小型車パンダは1986年に最初の大幅なモデルチェンジを受けました。ボディではリアフェンダーにもフレアが付き前後バンパー形状、インテリアにも変更を受けました。 フロントグリルは細かいブラックの横桟付きの中央に当時のフィアットの新しいCIである斜4本線のシンボルが天地一杯に入っているのが特徴です。 その後1991年に2度目のマイナーチェンジを受け、インジェクションと排ガス触媒を装備した999ccのFIREエンジンと新たに1,108ccに拡大され51HPを発生する新FIREエンジンにはCVT方式のオートマチックも加わりました。フェイスリフトとしては前モデルから短かめの4本線に変わったFIATのフロントマークなど最小限に留まり初期型から受け継がれるジュージアーロの卓抜な設計による合理的な小型車としての特徴は生産を終了する2003年まで受け継がれました。 ジョケールのモデルでもハンドメイドを活かしてその特徴を上手くとらえたモデルに仕上げています。(*専用ケース付き )


Fiat Panda 1991〜2003
GRPA01/91R: \7,000- (*RED)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View (内装色:ブラック)


*Front View


*Side View


Fiat Panda 1991〜2003
GRPA01/91RF: (*RED)
※完売*SOLD OUT


*Rear View (内装色:ブラック)


*Front View (*フォグランプ装着仕様です。)


*SideView

GIOCHER: ALFA ROMEO Giulia TI Spider "Jolly" 1965-1/43レジンハンドメイドモデル


1962年アルファロメオがジュリエッタの上位モデルとして発表するや大きな話題となり成功を納めたのがジュリア・シリーズでした。
大小異径の4灯ヘッドライトが特徴的なフロントグリルのボクシーな1.6Lエンジンの4ドアセダンですが、今回御紹介のモデルはカロッツェリア・ギアの手に依って軽快なオープンモデルに改造された珍しい一台です。 当時のアルファロメオの工場に招かれたVIP,賓客の構内案内にも用いられた珍しい専用ボディのジュリア・スパイダーです。 1966年、イタリア産業復興公社傘下で経営されていたアルファロメオのミラノ工場に当時の第5代イタリア共和国大統領、Giuseppe Saragat(※左写真で後席向かって左に座っています)が訪問した際も広い構内移動の送迎車両として活用されました。 少量ハンドメイド生産でイタリア車にこだわるジョケールならではのモデルです。(*専用ケース付き )


Alfa Romeo Giulia TI Spider Jolly 1965
GRAR/GSP:\10,500-(White)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View (*内装色:Sand)


*Front View (*フォグランプ装着仕様です。)


*SideView

NEW!! GIOCHER- Fiat Multipla "Carabinieri" 20001/43ダイキャスト改造モデル 1/43 Diecast specially elavotrated model
New Fiat Multipla(*ムルティプラ)のカラビニエリ(*CARABINIERI=イタリア国家治安警察)車両です。
上で御紹介のフィアット初の多目的利用車として1959年にFiat600の派生モデルとして誕生した初代(〜1966)から30年以上をへて1998年に誕生した2代目フィアット・ムルティプラは初代に負けず劣らずユニークな個性を持った車両です。

全長3,535×全幅1,450×全高1,580mmの小さなサイズでありながら2席x3列で6名乗車、又はシートを取り外して貨物車としても多様な利用を可能にした初代同様に、駆動形式はフロントエンジン・フロントドライブ(FF)に変わった2代目もシート配列は3人掛け×2列の6名乗車を可能にしながら全長は4Mを切る3,994mmに押さえられ(*全幅1,871×全高1,670mm)ています。
エンジンは4気筒-1.6リッターガソリン、4気筒1.9リッターコモンレール式直噴ディーゼルターボが2種、液化天然ガス(CNG)を燃料としたブルーパワー、そしてCNGとガソリンを併用出来るバイ・パワー(Bi-Power)の4種が設定されています。
シートアレンジでは後席をフルフラットもしくは取り外して文字通り多目的(Multi purpose)に利用出来る事で本国イタリアではファミリーカーから各種サービスカー、タクシーにも数多く採用されました。 警察車両でも短い全長でありながら6人乗車や機材積み込みに優れる利点を活かして当初から数多く採用されています。

今回のカラビニエリ車両も独特のフロントマスクを持った前期型をベースにした車両を忠実にモデル化しています。(*Majorette製1/43ダイキャストモデルベース)


Fiat Multipra1998 "Carabinieri":
GRMU01:\5,400- (Dark Blue/White)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View
※Majorette1/43ダイキャストモデルベース


*Front View


*Side View

NEW!!GIOCHER: Fiat Ducato Maxi "Stazione Mobile" 2000 -1/43 Resin Hand Made model
*上のFiat Multiplaと並べています。
こちらはイタリアGIOCHERの得意とするカラビニエリ・モデルの新作、フィアット・デュカート"Stazione Mobile"です。
直訳すれば「移動分署」となるだけに、デュカート・マキシのサイズを生かして通信設備を始め機動設備を備えた「動く警察署」としてイタリア大都市部に配属され活躍しています。
現在はFIAT INDUSTRIALとして分社化されたフィアットグループの「働く車系」のサービスカー車両部門で開発された、かつてベネチア共和国総督を意味する「デュカート(Ducato)のネーミング通り貫禄たっぷりの車両をオリジナルデカールを用いて旨く再現しています。 (*ハンドメイド・レジンモデル。専用ケース付き)


Fiat Ducato Maxi "Carabinieri Stazione Mobile"2000:
GRD01CSM:¥13,440-(*Dark Blue/White roof)


*Rear View


*Front View


*Side View

GIOCHER: Fiat Ducato "Carabinieri" 1985-93 -1/43レジンハンドメイドモデル

同じくイタリア、ジョケールの1/43レジンハンドメイドモデルのFiat Ducato Carabinieriです。

FIATグループの大型商用車ブランドとして1975年に誕生したIVECOのモデルDAILYをベースにフィアットブランドでミニバス、キャンパー、警察、救急車等の公用車両などの用途に開発されたのがイタリア語で公爵の意味を持つこのDUCATO(デュカート)です。
標準ホイールベースのハイルーフ仕様で10人乗りです。
イタリアの警察車両も数多くモデル化しているジョケールならではのハンドメイドモデルです。
(*専用ケース付き)


Fiat Ducato "Carabinieri"1985
GRFD01C: (*Dark Blue/White) 
※完売*SOLD OUT


*Rear View


*Front View


*Side View

GIOCHER: IVECO-FIAT A55 F13 " Blindato Carabinieri " 1989 - 1/43レジンハンドメイドモデル


同じくジョケールのこちらはFiat グループの大型車両、特装車部門IVECO-OMの治安警察「カラビニエリ」装甲車です。

元々イタリア統一前のサルデニア王国近衛部隊に起源を持つCARABINIERI(*現イタリア国家治安警察)。現在もイタリア陸・海・空軍にも各々の憲兵部隊として配属される通り、治安警察機構としても内務省所属のPOLIZIA(国家警察)以上に重装備車両が配置されています。 この130HPを発生するディーゼルエンジン搭載のIVECO-FIATの大型車両-Type A55-F13も大規模な争乱発生時に11名(キャビンに2名、後部コンパートメントに9名)の隊員を輸送出来る防弾装甲仕様となっています。 こちらもイタリア警察車両も数多く手掛けるGIOCHERならではのモデルに仕上げています。(*専用ケース付き)


VECO-FIAT "Blindato Carabinieri" 1989
GRCB01:\14,700- (Dark Blue/White)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View


*Front View


*Side View