-08.07.10


FIATの1/43新着商品です。
BRUMM,RIOの1/43ダイキャスト,SCOTTOYの1/48White metalモデルの新着商品です。

NEW!! BRUMM: Fiat 500D Giardiniera 19601/43 Metal diecast model * Limited color

※上の写真は当時のオフィシャルフォトの一枚、工事現場での測量技師と500Giardieraです。

1957年誕生のFiat 500は忽ちイタリア中を埋め尽くす大ヒットになりましたが1960年に排気量を499.5cc-18HPにアップし細部をマイナーチェンジした500Dがデビューしました。
同年、リアエンジンでありながら当時のFIAT社チーフエンジニアのダンテ・ジアコーザは搭載方法を90°横倒しにする事でストレッチした後部に荷室を設けたワゴンボディを「500ジャルディニエラ」の名で追加しました。 今回のモデルはそのクローズドルーフ仕様のモデルです。自国車に深い愛着を持つブルムならではのこだわりで細部まで忠実にモデル化しています。
(*各200個限定製作色です)その他のボディカラーはこちらにもあります。


Fiat 500 Giardiniera 1960
BMR425-02 (*Rosso)
※完売 *Sold out


*Rear View(*内装色:ベージュ)


*Front View


*Side View


Fiat 500 Giardiniera 1960
BMR425-05 (*Blu medio)
※完売 *Sold out


*Rear View(*内装色:ベージュ)


*Front View


*Side View

  
BMR425-01:(chiusa avorio: Light Beige) *シート色:Blue/cream ※200個現定色※完売 *Sold out

  

NEW!! BRUMM: Fiat-Giannini 500TV 1963,Fiat500L(1968-72),Fiat 500R(1972-75)1/43 Metal diecast model

同じくBRUMM(ブルム)の新作、Fiat-Giannini 500TV、Fiat 500L,Fiat500Rが入荷しました。

先ずはフィアット車チューナーとしてアバルト同様有名なローマを本拠とするジャンニーニが仕立てた500TVです。 アバルトほどではありませんが、エンジン中心にスポーツチューニングが施された完成車輌をジャンニーニのエンブレムを付けてフィアット・ディーラーを通じて市販していました。
このモデルGiannini 500TVは1960年に排気量を499.5cc-18HPにアップし細部をマイナーチェンジしたFiat 500Dをベースに出力を25HPにアップ、最高速も120Km/hに達していました。
モデルでも
ドアノブからクロムメッキで華やかに装飾された細いカラーライン、またホイールに付けられた美感と機能が鎌ね備わった冷却穴等の500TVのディテールを忠実に再現しています。

Fiat 500Lは1968年にマイナーチェンジを受けたモデルでオーバーライダーの付いたバンパーが特徴です。500RはFiat 500の最終型で、1972年に後継モデルFiat126がデビューしても衰えない500人気に1975年まで継続生産されたモデルです。どちらも内装や細部まで実車に忠実にモデル化しています。



※左Vir写真のGiannini キーホルダーは別売品です。
GIKY01:
※完売 *Sold out

Giannini 500TV 1963

Fiat Giannini 500TV 1963
BMR434: \3,600-(*Red)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View (*内装色:ベージュ)


*Front View


*Side View

Fiat 500L 1968-72

Fiat 500L 1968
BMR464:(*Giallo positano)
※完売 *Sold out


*Rear View(*内装色:Dark Red/Black)


*Front View


*Side View

Fiat 500R 1972-75

Fiat 500R 1972
BMR474-07:\3,990-
(*Azzurro farfalla)



*Rear View(*内装色:Black)
※再入荷 *Rearrival


*Front View


*Side View

NEW!BRUMM: Fiat 500D 1960 "Matteo,Como,4 Luglio 2006"-1/43*限定ダイキャストモデル

同じくBRUMMのこちらはFiat500Dの記念限定モデル、"Matteo,4 Luglio 2006" です。 BRUMM創業者の一人、Virginio Bianchiの長女Tizianaに2006年7月4日誕生した長男Matteoを祝って作られたFIAT500Dです。 フロントにおしゃぶりを加えたユーモラスな姿がフィアット500の可愛らしいフォルムにマッチしています。
ボディサイドには"Matteo 4 Luglio 2006"の文字がタンポプリントされています。1972年に生まれたイタリアの老舗ブルムの第3世代への期待と喜びが溢れた楽しいモデルです。
(*専用ケース付き)
500個限定品会員割り引き除外品


Fiat 500D "Matteo, Luglio 2006:
BMS07/01:3,990- (*celeste blu)


*Rear View(内装色:Blue)


*Front View



*Side View

NEW!!BRUMM: Fiat 500D'oro Lingotto 1957-20071/43*限定ダイキャストモデル
 
同じくイタリア・ブルムの昨年誕生50年を迎えたFiat500の記念すべき限定モデル、ゴールドメッキ仕上げのFiat 500Dです。
フィアットの本社工場、LingottoとゴールドバーのIngottoをかけた遊び心溢れた記念モデルです。
ベースにも溶けたゴールドで書かれた様に50の文字が光っています。500個限定品

※Fiat 500D Giardiniera 50周年記念モデルはこちらです!


Fiat 500D'oro "50anni 500" 1957-2007:
BMS57/07:(*Gold)
※完売 *Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front View


*Side View

NEW!!BRUMM: FIAT PANDA 45 "Tetto aperto (open roof)")19811/43ダイキャストモデル

イタリアのダイキャストモデルの老舗、BRUMMの新作フィアット・パンダ・オープンルーフです。

1980年に誕生し20年以上に渡ってイタリア人のベーシック・カーとして大ヒットしたフィアット・パンダ。
1981年に追加されたのがイタリアの車に欠かせないこのオープン・ループ仕様です。
日本と違って夏場でも乾燥した暑さから、風が入るだけで随分快適になる開放感溢れるダブルサンルーフは当時本国イタリアではエアコンを装備していないパンダにピッタリの仕様です。

その後の日本に輸入されたパンダの多くに標準装備されていた元祖ダブル・キャンバスルーフ仕様をブルムのモデルでも忠実に再現しています。



Fiat Panda 45 "Tetto aperto(*Open roof)"1981:
BMR439-01 (*Azzurro bahia)
※完売 *Sold out


*Rear View (内装色:ベージュ)


*Front view


*Rear View (内装色:ベージュ)


Fiat Panda 45 "tetto aperto"1981:
BMR439-02: (*Blu smalto)
※完売 *Sold out


*Rear View (内装色:ベージュ)


*Front view


*Side View (内装色:ベージュ)
*200個限定色

BRUMM : FIAT PANDA 45 "Cloce Rossa Italiana" 19801/43ダイキャストモデル
同じくBRUMMのPanda 45 "Cloce Rossa Italiana"救急パトカーです。
CROCE ROSSA ITALIANA(イタリア赤十字)の車輌として警察やドクターヘリとの連係、交信の為にルーフにも所属識別番号が入っています。
元々白/グレーのイメージのパンダに良く似合ったカラーリングも楽しいモデルです。
(*ピンバッジは別売品です。CRIPINS: ※完売 *Sold out


Fiat Panda 45 "CROCE ROSSA ITALIANA" 1980:
BMR398:
※完売 *Sold out


*Rear View
(内装色:ベージュ)


*Front view


*Rear View (内装色:ベージュ)

NEW!!BRUMM: Fiat 500C "AMARO 18","LAVAZZA",Fiat 1100E " CAMPARI1/43ダイキャストモデル
 
こちらもイタリア・ブルムの得意とするFIATコマーシャルカーコレクションのモデルです。

1936年誕生後フィアットの大衆小型車として商用タイプも含めてヒットしたFiat 500 "Toppolino"の最終型Fiat500CのFurgone(*小型ヴァン)は戦後も商用車として活躍しました。 今回はイタリアでは食後酒として親しまれる薬草酒アマーロの老舗AMARO18 Isolabellaとイタリアでシェアナンバー1のコーヒーブランドLAVAZZAの配送車です。

もう一台はやはり1937年に誕生したFiat 1100(508c)が戦後1949年にモデルチェンジして誕生したFiat 1100B/E
のクローズドヴァン仕様(*Furgone)、コーヒーブランドLAVAZZAと日本でもお馴染みの食前酒CAMPARIの営業車です。
いずれもイタリアらしさ溢れる楽しいモデルです。

(※写真に一緒に写っているミニボトル等は撮影イメージ用です。モデルカーには付属しません。)


Fiat 500C Furgoncino "AMARO 18 ISOLABELLA"1949:
BMR057:\3,150-


*Rear View(*内装色:Beige)
*絶版モデル


*Front view


*Side View


Fiat 500C Furgoncino "LAVAZZA"1950
BMR345:\3,600- (*Beige)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front view


*Side View


Fiat 1100E Furgoncino "LAVAZZA"1950
BMR346:\3,600- (*Beige)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View(*内装色:Black)


*Front view


*Side View


Fiat 1100E Furgone "CAMPARI"1952
BMR245: \3,600- (*White/Blue)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View(*内装色:Grey)


*Front view


*Side View

BRUMM : Fiat 600 Multipla "Ramazotti" 1960 -1/43ダイキャストモデル
同じくBRUMMのダイキャストモデル、Fiat 600 Multipla、食後酒Ramazottiの営業車です。
戦前戦後を通じてフィアットの大衆車の殆どを手掛けた主任技師、ダンテ・ジアコーザの非凡さが光るモノボリューム/マルティ・パーパスカーの元祖とも言えるフィアット・ムルテイプラはファミリーカーのみならずタクシー始め営業車としてもイタリア中で活躍しました。 このモデルでもイタリアを代表する食後酒ブランド、Ramazottiの営業車仕様を忠実に再現しています。
(*その他のRamazottiの営業車モデルはこちらです。)


Fiat 600 Multipla "Ramazotti" 1960

BMR286:(*Red/ Blue)
※完売 *Sold out


*Rear View(*内装色:Beige)


*Front view


*Side View

EDISON : Fiat 600 Multipla Coriasco "EDISON Giocattoli" 1960 -*限定1/43レジンキャストモデル


こちらは1958年創業、今年50周年を迎えるのイタリアフィレンツェ近郊の玩具メーカーEDISON GIOCATTOLI社の営業車のFiat Multiplaです。

トリノの商用車ボディを手掛けたカロッツエリア、Coriascoが仕立てたクローズド・ヴァン・ボディのFiat600D ムルテイプラです。

現在も続く銃器玩具の製造で有名なこのメーカーの'60年代の営業車を忠実に再現したレジン製限定モデルです。
ムルティプラのルーフキャリアには当時の主力商品、SUSANNAと名付けられたルボルバーピストルの大きなダミーが広告塔として装備されています。 今はモデカー分野にも広がった同社のルーツを象った楽しいモデルです。
※本モデルはレジン素材無垢で外観モデルで造型されています。インテリア内部は作られていません。

※写真の特製のプレート付き木製ベースとクリアカバーが付いています。
300個限定品会員割り引き除外品



FIAT 600 Multipla Coriasco "EDISON"1960
ED80021: \6,300- (*Beige/Brown)※再入荷 *Rearrival


*Rear View


*Front View


*Side View