-08.03.29


ALFA ROMEOとFiatの新着商品です。
今回はイタリアRIOの1/43ダイキャストモデルの他、SPARK MODEL,TRONの警察車輌とレジンハンドメイドモデル新作が入荷しました。

NEW!!M4-RIO: Alfa Romeo Giuliatta T.I.1957 "Peking-Paris Cahllenge" 2007- 1/43 Metal Diecast model

2007年、PEKING to PARIS Motor Challengeに参加したイタリア人ペアRoberto Chiodi / Maria-Rita Chiodi組の車輌です。


イタリアM4-RIO製の1/43ダイキャストモデルです。
1907年、イタリア人貴族、
Prince Borgheseの発案で5台の車が参加して行われた中国北京=フランス・パリ間を走る壮大な大陸横断ラリー、Pekin-Parisレースが行わてから100年を記念して2007年にチャリティーイベントとして開催されたPeking=Paris Motor Challenge。スイス時計の名門、BLANCPAINの協賛を得て開催されたこの国際的なラリーイベントに参加したイタリア人ペアの1957年型アルファロメオ・ジュリエッタTIです。 ルーフキャリアーに積まれたスペアタイア、スポンサーデカールや軽量ステーで作られた前後のバンパーガードなど見事過酷な大陸横断レースを完走した実車に忠実に再現しています。
クラシックカーを得意とするイタリア製RIOならではの独特の暖かい塗装の仕上がり、細部のエッチングパーツ使いが独特の繊細な雰囲気を見せているダイキャストモデルです。


Alfa Giulietta T.I. Peking-Paris 2007
RIO4213:\7,240 (*Light blue)


*Rear View


*Front View


*Side View

Driver: Roberto Chiodi / Maria-Rita Chiodi
*Total Time 278h57m55s
*Classic Category - pre 1961 model cars: 21st Overall

NEW!!SPARK MODEL: Alfa Romeo SZ "Trofeo SZ" 1991-1/43レジンハンドメイドモデル


精力的に珍しい車種を製品化するマカオのMINIMAX社のレジン製モデルブランド、SPARKMODELのAlfa ES30/SZ Trofeoです。
1991年、アルファのレーシングカー製作では戦前から関係の深いミラノの名門カロッツエリア、ZAGATOの代表で自身レーシングドライバーとしても80勝を数えるErio Zagatoの発案でスタートしたワンメイクレース、Trofeo SZ。 選ばれた車はジュリエッタSZと同じくSprint Zagatoの頭文字を持つ車として1989年にアルファのスタイリングセンターとザガートの協同で開発されたコードES30/SZでした。1000台限定生産車としてボディはスティールモノコックに特殊FRPコンポーネンツを組み合わせ、内装には一部カーボンも使用して車重はおよそ1,280Kgに納められました。 
この市販車にワンメークレース用に用意されたチューニングキットは専用のショックアブソーバー,スプリング,フリーフローエクゾースト,クラッチ,ブレーキシステム,エンジンマネジメントROM,バッテリー等で更に安全装備としてロールケージ,4点式シートベルト,消化器、牽引フックが含まれます。それらの改造費、イタリア国内外での年間8レースをサポートするスタッフメカニック、スリックタイヤとOZ製のレーシングホイールも含めて当時の為替レートで年間費用がベース車輌費を含めて約1,000万円程度に収まる事を実現したのも画期的なワンメークレースでした。

モデルでもバケットシート、ロールケージはじめスパルタンな実車を忠実に再現しています。(専用ケース付き)


Alfa SZ Trofeo "Trofeo SZ 1991"
S0616:(#65)
※完売 *Sold out


*Rear View
*内部はロールケージ、レーシングバケットシート装着です


*Front View


*Side View

イタリアのレースシーンの名門、JOLLY CLUB他をスポンサーとするSCUDERIA ZAGATOの車輌です。
Driver:
Mauro Torine

NEW!!SPARK MODEL: Alfa Romeo SZ "Trofeo SZ" 1991-1/43レジンハンドメイドモデル


同じくMINIMAX社のレジン製モデルブランド、SPARKMODELのAlfa ES30/SZ Trofeoです。
1991年、アルファのレーシングカー製作では戦前から関係の深いミラノの名門カロッツエリア、ZAGATOの代表で自身レーシングドライバーとしても80勝を数えるErio Zagatoの発案でスタートしたワンメイクレース、Trofeo SZ。 選ばれた車はジュリエッタSZと同じくSprint Zagatoの頭文字を持つ車として1989年にアルファのスタイリングセンターとザガートの協同で開発されたコードES30/SZでした。1000台限定生産車としてボディはスティールモノコックに特殊FRPコンポーネンツを組み合わせ、内装には一部カーボンも使用して車重はおよそ1,280Kgに納められました。 
この市販車にワンメークレース用に用意されたチューニングキットは専用のショックアブソーバー,スプリング,フリーフローエクゾースト,クラッチ,ブレーキシステム,エンジンマネジメントROM,バッテリー等で更に安全装備としてロールケージ,4点式シートベルト,消化器、牽引フックが含まれます。それらの改造費、イタリア国内外での年間8レースをサポートするスタッフメカニック、スリックタイヤとOZ製のレーシングホイールも含めて当時の為替レートで年間費用がベース車輌費を含めて約1,000万円程度に収まる事を実現したのも画期的なワンメークレースでした。 Scuderia Zagatoの今回は新たに#59の車輌が加わりました。

モデルでもバケットシート、ロールケージはじめスパルタンな実車を忠実に再現しています。(専用ケース付き)


Alfa SZ Trofeo "Trofeo SZ 1991"
S0617:(#59)
※完売 *Sold out


*Rear View
*内部はロールケージ、レーシングバケットシート装着です


*Front View


*Side View

イタリアのレースシーンの名門、JOLLY CLUB他をスポンサーとするSCUDERIA ZAGATOの車輌です。
Driver:
Romana Bernardoni

NEW!Forze dell'Ordine by TRON: Alfa 147 Guardia di Finanza 2004-*1/43ダイキャスト改造モデル

ハンドメイドモデルの老舗、イタリア・TRONがプロデュースする以前にも御紹介のイタリア警察、公用車両専門ブランドForza dell'Ordineアルファ147です。

2000年のデビューと共に日本でもヒットしたアルファ147のGuardia di Finanza(*財務警察)5ドア車仕様です。
ヨーロッパでは頻発する国境付近での密輸取り引きや美術品の不正輸出入等を監視する活動を担うイタリア財務省所属の武装警察車両のグレーのボディカラーです。 独特のボディカラーからルーフライトなど細部まで忠実な造りです。

※HONGWELL製1/43モデルベース。(専用ケース付き。) 
※ポイント・割り引き除外品


Alfa 147-5 Door "Guardia di Finanza" 2004
FO32: (*Grey) 
※完売 *Sold out


*Rear View


*Front View


*Side View

NEW!Forze dell'Ordine by TRON: Alfa 147 Plizia Squadra volante 2006-*1/43ダイキャスト改造モデル

同じくForza dell'OrdineのAlfa 147 5 Door-Polizia Squadra Volante車両です。
パトロール車両としてイタリアの町中で見かける事の多いPoliziaの車輌です。
こちらは明るいライトブルーにホワイトのストライプがボディ側面に入って147のキャラクターラインを一層強調しています。 
ルーフには新しい速度取り締まりレーダー付きの横長型パトライトも装着された2006年から採用されたグラフィックの最新仕様の車両を忠実にモデル化しています。

こちらも上のアルファ147同様に市中パトロール担当車両です。


※HONGWELL製1/43モデルベース。(専用ケース付き。) 
※ポイント・割り引き除外品


Alfa 147-5Door "POLIZIA-Squadra Volante" 2006
FO57:(*Polizia Blue)
 ※完売 *Sold out


*Rear View


*Front View


*Side View

NEW!Forze dell'Ordine by TRON: Alfa 147 Carabinieri 2006-*1/43ダイキャスト改造モデル

こちらも同じくForza dell'OrdineのAlfa147Carabinieri Radio mobile(*カラニビエリ・ラジオモービレ=警察無線車)です。

カラビニエリ警察車両にも近年では155,156,166,159と数多く投入されているアルファですが147の車輌は珍しくイタリアの一部地域でしか採用されていません。
警察公安車輌に情熱を燃やす若いイタリア人モデラーが手掛けるこのブランドならではの車種です。

モデルでも濃紺のボディカラー、ルーフライトやデカールなど専用パーツを使って正確に再現しています。
キャラクターラインに沿ってボディサイドに入ったレッドストライプがスタイルを引き締めています!

*車輌識別番号は写真のモデルと異なるナンバーもありますのでご了承下さい。

※HONGWELL製1/43モデルベース。(専用ケース付き。) 
※ポイント・割り引き除外品


Alfa 147-5Door "Carabinieri Radiomobile" 2006
FO61:(*Dark Blue)
※完売*sold out


*Side View


*Front View


*Side View

NEW!!TRON-GLAMOUR : FIAT 128 Gr.2 Scuderia Filipinetti "Salzburgring Austria" 1971:1/43レジンハンドメイドモデル

こちらは同じくイタリアTRON製1/43のレジンハンドメイドモデルのレースカー中心のブランド、GLAMOURのFIAT128 Gr.2です。
1969年にデビューしたフィアット初の前輪駆動車FIAT128の2ドアセダンはバランスの取れたボクシーなスタイリングと優れた運転性能で早速ツーリングカーレースシーンでも格好のベース車輌に採用されました。

このモデルは1971年オーストリア・ザルツブルグのヨーロッパツーリングカー選手権(*ETCC)の1,300cc以下の車輌で競うグループ2-1st Division-に参戦したGeorges filipinetti率いるスイスの有名レーシングチームScuderia Filipinettiチームのフィアット128です。
直列4気筒1,148ccシングルOHCエンジンはTwin Weberキャブレターを得て9,400rpmから最高出力134HPを発生しました。 僅か725Kgに仕上げられたこのマシンは当時このクラスで最強を誇ったアウトデルタ製のアルファGTAをしばしば脅かす戦いぶりで活躍しました。
大きく張り出した前後のフェンダー、組み込まれたロールケージや消火器まで市販車をベースにした過激なマシンをモデルでも忠実に再現しています。 ※ハンドメイドレジン完成品。(専用ケース付き)


Fiat 128 Gr.2 "ETCC/Salzburg-Austria" 1971
GLP82 : (#201) 
※完売 *Sold out


*Rear View(*内装色:Gunmetal Grey)


*Front View


*Side View
Driover:
Gianpiero Moretti