-06.08.22


FIAT,ITALA,Carabinieriの1/43新着商品です。
BRUMM,BEST,GIOCHER,NOREV,RIOの1/43ダイキャスト,GIOCHERの1/43レジンモデルとSCOTTOYの1/48White metalモデルの新着商品です。
NEW!!BRUMM: FIAT 600+600Multipla "Mirafiori Plant 1964"*1/43限定ダイキャストモデル
 

イタリアのダイキャストモデルの老舗、BRUMMの新作限定ジオラマ、1964年のミラフィオリ工場のアッセンブルラインです。

1955年に誕生し戦後フィアットの復興を決定づけたリアエンジンの名車、フィアット600とそのワゴン版ムルティプラ。1969年まで生産が続いた大ヒット作の生産を担ったトリノ郊外ミラフィオーリの工場ラインを再現したジオラマモデルです。 当時最新鋭の設備を誇ったフィアットの主力工場に相応しく早くもレールで車体を搬送するラインでワーカーへの負担を軽減する工夫が見られます。 組み立て中の600Dの側には3人のワーカーフィギュアがセットされて当時の活気が伝わって来る様です。
ブルムならではのアイデア溢れる、100% Made in Italyにふさわしいモデルです!
(*専用パッケージ入り、1000セット限定品 )ポイント・割り引き除外品


Fiat 600+600Multipla "Mirafiori Plant 1964":
BMAS39:
※ホワイトメタル製のワーカーフィギュアが3体付属します。
※完売


*組み立てラインの側にはパーツボックスも!


*完成車に組み上がったムルティプラと組み立て途中のFiat600です
*1000個限定品

BRUMM Limited edition : FIAT 1100(508C)Cabriolet 1942 "60 Anniversario della Battaglia di El Alamain" 1/43限定ダイキャストモデル

同じくBRUMMの2002年限定記念モデルの、Fiat 1100 Cabriolet Coroniale 1942です。

1942年10月23日から11月6日の間、第二次世界大戦の北アフリカ、エル・アラメインの戦いでイタリア軍は同盟国ドイツのロンメル将軍率いる戦車部隊の支援に空挺部隊を派遣します。
しかしイギリス軍の猛攻を受けロンメルを亡くして撤退したドイツ軍から孤立して悲壮な戦いを強いられました。
2002年、この戦い後60年を記念してブルムと同じイタリア、コモに本拠を置くイタリア空挺部隊退役協会の依頼で500個限定製作された記念モデルです。 砂漠の戦場に合わせて艶消しのサンドカラーに仕上げられたフィアット1100(508C)のオープンモデルです。
イラスト入りの専用スリップケースに納められています。


(*専用パッケージ入り、500セット限定品 )ポイント・割り引き除外品


Fiat 1100 Cabriolet "Battaglia El Alamein" 1942:

BMS02/22:  
※完売


*Rear View
(内装色:ブラウン)


*Front View



*Side View

GIOCHER: FIAT 600 Multipla Coriasco 19571/43*絶版ダイキャストモデル
イタリアのGIOCHER製の絶版ダイキャストモデル、Fiat 600 Multipla "Coriasco"コマーシャルヴァンです。
1955年に誕生したフィアット600は戦後のイタリア大衆車としてヒットしますが、リアエンジンレイアウトの為通常の発想ではワゴンボディが出来ないという難点を当時の主任技師であったダンテ・ジアコーザは前席を前輪車軸上まで前進させるアイデアで見事解決、3列6人乗りを実現する事に成功しました。600ムルティプラ(*英語のMultipurpose)とネーミングされたこの車はタクシーとしても使われ、正に多目的車の原点と言えるモデルでした。
今回のモデルはトリノの商用車ボディを手掛けたカロッツエリア、Coriascoが仕立てたクローズド・ヴァン・ボディのムルテイプラです。イタリアジェノヴァ近郊の町、Manessenoの救急車両の他イタリアならでは各営業車両です。


Fiat 600 Multipla Coriasco"PIRELLI":
GR19P \4,000 (*Yellow/Red) ※再入荷


*Rear View


Fiat 600 Multipla Coriasco"STAR":
GR19F \4,200 (*Yellow) ※再入荷


*Rear View

*イタリアではお馴染み料理用固形スープ、STARの営業車両です。(*写真のパッケージは参考品です。付属しません。)



Fiat 600 Multipla Coriasco
"Ambulanza Croce d'Oro Manesseno":
GR19AA : \4,200- (*Dark Green Metallic) 


*Rear View
※イタリア、ジェノヴァ近郊の町マネッセーノの金十字会の救急車両


Fiat 600 Multipla Coriasco"Permaflex":
GR19E: \4,000 (*Pink/White)


*Rear View
※ベッド用マットレス、パーマフレックスの営業・配送車


Fiat 600 Multipla Coriasco"RADIO WATT":
GR19W: \4,000 (*Light Blu/Blue)


*Rear View
※トリノのラジオ放送局のワットの営業車


Fiat 600 Multipla Coriasco"AMARO 18":
GR19G: \4,000 (*Yellow)


*Rear View
※イタリアではお馴染みの食後酒、アマーロ18の営業・配送車



Fiat 600 Multipla Coriasco"Mondial":
GR19N: \4,000 (*Dark Blue)



*Rear View

※革新的なDOHCエンジンで1949年から3年間2輪世界グランプリ3連覇を達成、当時のHONDAが2輪開発のお手本にするほど1950年代に一時代を築いたイタリアの2輪車メーカー、"Moto Mondial"の営業・配送車です。

NEW!NOREV: Fiat UNO 45 3door 1983 -1/43ダイキャストモデル

フランスNOREVの新作Fiat UNO45 1983 3Doorです。1970年代に入って起こったオイルショック、また頻発した労働争議で財務状況が急速に悪化していたフィアットに1976年イタリアの旧植民地でもあった社会主義国リビアが財政支援を申し出ました。その資金を得て体制を立て直したフィアットがパンダに続いてイタルデザイン/ジゥージアーロにデザインを依託したFIAT127に代わるニューモデルがこのウーノ(UNO)でした。 イタリア語で1を意味するこの車は127同様にリアにハッチを持つFF-2ボックス、全長3,645x全幅1,550x全高1,432mmのベーシックカーです。
高さ方向にもたらされた余裕でこのクラスとしては快適な居住スペースを確保し忽ちイタリア国内でベストセラーに躍り出ました。 フィアット初のロボット生産を前提とした近代設計も話題でした。今回のモデルはその初代ベーシックモデル、OHV903cc(45HP)エンジン搭載ののUNO 45 3ドアーのモデルです。ジゥージアーロの絶妙なバランスをもった合理的でクリーンなボディラインを忠実に再現しています。 今では中々モデルカーを見つけにくかった初代フィアット・ウーノの嬉しい新作です。


Fiat UNO45 3Door 1983:
NV772951:(*Red)
※完売* Sold out


*Rear View(内装色:Light Grey)


*Front View




*Side View

NEW!!GIOCHER: Fiat Ducato Maxi "Stazione Mobile" 2000 -1/43 Resin Hand Made model
※右のFiat Multiplaは別売品です。
こちらはイタリアGIOCHERの得意とするカラビニエリ・モデルの新作、フィアット・デュカート"Stazione Mobile"です。
直訳すれば「移動分署」となるだけに、デュカート・マキシのサイズを生かして通信設備を始め機動設備を備えた「動く警察署」としてイタリア大都市部に配属され活躍しています。 かつてベネチア共和国総督を意味するデュカートのネーミング通り貫禄たっぷりの車両を旨く再現しています。
(*ハンドメイド・レジンモデル。専用ケース付き)


Fiat Ducato Maxi "Carabinieri Stazione Mobile"2000:
GRD01CSM:¥13,440-(*Dark Blue/White roof)


*Rear View


*Front View


*Side View

NEW!!RIO : Fiat 128 Gr.2 "Spa Francorchamps" 1971 -1/43ダイキャストモデル

2004年からBEST,ART MODELと同じくイタリアM4社のブランドとなったイタリア製ダイキャストモデルの老舗RIOの新作、FIAT128のGr.2レーシング仕様の新作です。
1971年、ETCC(*ヨーロッパ・ツーリングカー選手権)出場に向けてグループ2規定に合わせてノーマルの1,116ccから僅かにアップした1,148ccの排気量と同じSOHCながら2つのウェバーキャブレターで何と134HP/9,600rpmの最高出力を発生しました。 
今回のモデルは Marco de Tomasi, Antonio Vimercati組がドライブした1971年のベルギー、Spa Francorchamps24時間レース出場の車両です。新リオとなって窓枠、フロントグリル、ワイパー等細部にエッチングパーツを加えてディテールにより精密表現を加えた綺麗な仕上がりのモデル、室内にはロールケージも入ったイタリアンコンパクトセダン、FIAT128Gr.2の嬉しい新作です。


FIAT 128Gr.2Spa Francorchamps 24H 1971:
RIO4174: (*Light green/Blue)
※完売


*Rear View(*内装色:ライトグレー)


*Front View


*Side View

NEW!!RIO : Fiat 128 Gr.2 "Salzburgring(*Salisburgo)" 1971 -1/43ダイキャストモデル


同じくニュー・リオの新作フィアット128Gr.2です。

こちらも1971年のETCCの一戦、オーストリアのザルツブルグサーキットで行われたレースにスイスのScuderia FilipinettiからWalter Donaのドライブで出場した車両です。
スクーデリア・フィリッピネッティらしい赤を基調としたカラーリングとディテールアップされたスクエアなボディがマッチして戦闘モードの128が旨く再現されています。




FIAT 128Gr.2 Salzburgring 1971:
RIO4175: (Red) 
※完売


*Rear View(*内装色:ブラック)


*Front View


*Side View