-05.02.24


ALFA ROMEO,ABARTH,FIAT,LANCIAの新着商品です。
今回はイタリアのPROGETTO Kのダイキャストモデルの他,MG MODEL,Pinko,Tron,MDS Racingのハンドメイドモデルの新作が入荷しました。

PROGETTO K:Alfa Alfetta GT 1.8-1/43 ダイキャストモデル
イタリアPROGETTO K製の1/43 ダイキャストモデルです。
1972年に誕生したアルファの中核セダンAlfettaに1974年に加わったクーペモデル、Alfetta GTです。「量産セダンの理想」と賞賛されたアルフェッタのホイールベースを110mm縮めたことで更に高い運動性能を加えたスポーツモデルとして、ジウジアーロの美しいスタイリングと共に1980年代終盤まで生産された名車です。
今回は美しいルマン・ブルーが入荷しました。


Aletta GT1.8 1974
*PK250A: (*Blue/Azzurro Le Mans) 
※完売


Back(内装:ブラウン)

NEW!MG MODEL:ALFA Tipo 159 "Alfetta" F1 Spanish G.P. Winner 1951 -1/43 White Metalハンドメイドモデル
   
イタリアMG MODELのホワイトメタル製ハンドメイドモデル、アルファ159F1です。
第二次世界大戦で工場にも壊滅的な打撃を受けたアルファロメオでしたが、開戦前に開発されていたGPマシン、TIPO158アルフェッタは奇跡的に保管されて終戦直後のレースシーンで目覚ましい活躍をしました。1950年にジュゼッペ・ファリーナの快進撃で初代F1チャンピオンに輝くと翌1951年からはマシンは改良型のこのTIPO159へ発展します。1.5L直列8気筒のエンジンはスーパーチャージャーを装備して425にパワーアップしこの年はファリーナに代わってアルゼンチン出身の名手ファンジオがチャンピオンに輝きました。 ザガートの製作でより軽量化されたボディ、リアには後のロードカー、アルフェッタにも採用されたド・ディオンアクスルサスペンションのグランプリアルファの名車です。 
今回のモデルは1951年のスペインGPで優勝したファンジオの車両です。コックピット回りからフロントフード下に納められた8気筒エンジンまで細かく作り込まれたMG MODELの精密表現が細部まで生かされたモデルです。 (※専用ケース付き)  


Alfa Tipo159 "Alfetta" Spanish GP 1951
MGP31A:(*Rosso Alfa) 
※完売


Back
#22: Winner:Juan Manuel Fangio


Front
※ノーズのグリル,ラジエーターもエッチングで再現しています


*過給器付きエンジンも細かく再現しています

NEW!!Pinko:Abarth 3000 Sport Spider Gr.7 Presentation 1968- 1/43レジンハンドメイドモデル
 

イタリアのハンドメイドブランドGamma Modelが手頃な価格帯でプロデュースするPinkoの新作は独特のスタイルが特徴的なアバルト3000スポーツ・スパイダーです。
1968年、プロトタイプスポーツで競われるグループ7カテゴリーへの参戦を目標にアバルトが仕立てたこのレーシング・バルケッタはアバルト自製のV8 - 2,968cc/350HPエンジンをミッドシップに搭載し僅か 750Kgの車重で 300Km の最高速を達成していました。 冷却効率と空力効果を兼ねてリアに高く設置されたラジエーターパネルが特徴的です。
Pinkoのモデルはレーシングバルケッタらしいその低く押さえられたボディラインや特徴的なラジエーター、テールからギアボックスの覗くエンジン回りまでハンドメイドならではの表現で細かく再現しています。(*専用ケース付き)


Abarth 3000 Sport Spider Presentation 1968
PIN128: (RED)
※完売 *Sold out



*Rear View


*Front View


*Side View

NEW!!Competition 43: Fiat 128 Coupe Gr.5 "Jagermeister" Zolder 1978-1/43レジンハンドメイドモデル
        
イタリアのハンドメイドモデルの老舗TRONがプロデュースするドイツのレジンキットブランドCompetition43の1/43完成品の新作、Fiat128 Coupe Gr.5カーです。
1978年のベルギー、ゾルダーサーキットで開催のETCC選手権に出場したオランダ人チームの車両です。 
ツーリングカースポンサーとしてはお馴染みの有名なリキュールメーカーJagermeisterカラーの車両です。本来は軽快なスタイリングの128クーぺもレーシングチューンによってオーバーフェンダーとチンスポイラーですっかりスパルタンな姿に変身しています。 迫力ある姿を見事に再現しています。
(*専用ケース付き)


Fiat128 Coupe Gr.5 "Jagermeister" Zolder 1978
COMP174M:(*Orange)
※完売


*Back #51


※Front


※ツーリングカーレースではお馴染みのJagermeisterカラーです。
(Deriver:Hans Hettelder/Evert Bolderheij)

NEW!!MG MODEL "Funny Car 43": Fiat 500 Pick Up 1960-1/43レジンハンドメイドモデル


イタリアのハンドメイドブランドMG MODELのニューラインFunny Car 43シリーズの珍しいFiat 500D Pick Upです。  Fiat 500の派生モデルとしてはワゴンボディの「ジャルディニエラ」が有名ですが、トリノに数多くある小カロッツェリアの手よってこうしたピックアップモデルも少数生産されました。 この車もそうしたカロッツェリア/Antonio Cassellaの手による1台です。 リアに搭載されたの空冷2気筒エンジンを「横倒し」にしてジャルデニエラ同様に荷台を設けた事でイタリアの小さな路地裏も走り回れる実用的なピックアップに仕上がっています。 現在の目で見ても実にキュートな1台をハンドメイドならではのレジン素材の暖かい雰囲気で再現しています。 '60年代の雰囲気満点の優しいベージュのボディカラーの一台です。(*専用ケース付き)


Fiat 500D "Pick Up"1960
MGFUN01B:\11,400- (*Beige)
※再入荷 *Rearrival


*Rear View


*Front View


*Side View

NEW!MDS RACING:Lancia Delta Integrale Evo.II "Blu Lord" 1992-1/43 White Metalハンドメイドモデル
    

イタリアMDS RACINGのホワイトメタル製ハンドメイドモデル、ランチア・デルタインテグラーレEvo.IIです。
1987年のデルタHF4WDから1992年のEvo.IIによる勝利までWRC史上前人未到の6連破を達成したランチア・デルタは今も語り継がれる「ラリーのランチア」を象徴するモデルです。
WRCでの活躍とインテグラーレシリーズのヒットによってデルタ市販車のモデルチェンジが遅らされた事も有名です。
MDS RACINGのモデルはホワイトメタルならではエッジの効いた造型と細部に使われたエッチングパーツによってで量産品とは一味違う仕上がりです。今回は濃いブルーがランチアの伝統を感じさせるBLU LORDが入荷しました。 (※専用ケース付き)  

※今回が最終再入荷のその他のMDS製1/43ランチア・デルタHFはこちらです。


Lancia Delta Integrale Evo.II "Blu Lord" 1992
MDSM14: (*Dark Blue)
※完売


Back(*内装色:クリーム)

NEW!TRON: Lancia Flaminia Sport Zagato 1958-1/43レジンハンドメイドモデル
    
イタリアTRON製のレジンハンドメイドモデルの新作、Lancia Flaminia Sport Zagatoです。
ランチアのフラッグシップモデルとして1957年にデビューしたFlaminia(フラミニア)はアウレリア譲りのV6-2,458ccから102HPを発生するピニンファリーナデザインの端正なセダンでした。 翌1958年に加わったクーペモデルの中でも最もスポーティなモデルがこのスポルト・ザガートでした。
ザガートが得意とする空力効果を考慮した低く抑揚のあるデザインは、特徴的なダブル・バブルのルーフやカバーの付いたヘッドランプなどで一層スポーティな印象をもたらしています。エンジン出力もセダンより高い119HPを発生しチューブラーフレームの軽量ボデイで190Km/hの最高速を誇りました。
後にはコンペティションモデルとしても様々なレースで活躍したこのモデルをランチアらしい抑えたボディカラーと共に美しく再現しています。(※専用ケース付き)


Lancia Flaminia Sport Zagato 1958 :
TRP207:(*Grey Metallic) 
※完売



(*内装色:Tan)


*Front View



*Side View