-04.11.06


ALFA ROMEOの新着商品です。
今回は久しぶりに入荷のイタリアのSCOTTOYの*1/48スケールのMERCURYレプリカの他、MINICHAMPSのメタルダイキャスト、RACING 43の新しい完成品ライン"Elite"の147GTAの新色、ALEZAN,KLAXON,TRONどのレジンモデル新作が入荷しました。

NEW!!SCOTTOY:Alfa Giulietta Sprint 1959-1/48 White Metal Hand Made*Mercury Replica

イタリアSCOTTOY製の*1/48 アルファモデルの新作が久し振りに入荷しました。
1950年代に数多くのイタリア車を製品化した、今は亡きイタリア/マーキュリー(Mercury)社の製品のレプリカです。イギリス人の熱心なMercuryコレクターがかつての型を使ってイタリアのジェノヴァに移住して製作している(!)という珍しいメーカーです。今回は今年誕生50周年を迎えたアルファロメオ・ジュリエッタスプリント(2nd Series)の新色2種類です。
1/48という今では珍しいスケール、’50年代のMERCURYオリジナルの型を用いた内部造作は作られていない当時のままの素朴な作りですが、ホワイトメタルによる少量ハンドメイドならではの「味のある」独特の雰囲気を持ったモデルに仕上げています。
※写真左のマーキュリーオリジナルのイラスト入り復刻パッケージ(紙製)が付きます。


Giulietta Sprint Veloce 1959
SCOTT08BL: (Blue)
※完売


Back



Giulietta Sprint Veloce 1959
*SCOTT08S:\6,000-(*Gold Met.)※再入荷


Back
※Giulietta Sprint 生誕50周年記念100個限定モデルです


*Front View


*Side View

NEW!!MINICHAMPS:Alfa GTV-V6 3.2 2003-1/43 Diecast Model
ミニチャンプスの新作は2003年、デビューモデルと同じくピニンファリーナの手でフェイスリフトを行い、同時に各所にリファインを受けてモデルチェンジしたアルファGTV-V6-3.2です。
ブラックのボディカラーとレッドの内装の組み合わせで引き締まった印象のモデルに仕上がっています。待望の最新版GTVのモデルです。(※5,040個限定品)


ALFA GTV V6-3.2 2003
PMA120300:*Nero Kyalami(Black)
※完売


Back(*内装:レッド)

NEW!!RACING 43 "Elite": Alfa 147GTA 2003 Rosso Alfa-1/43レジンモデル
      
レジン、ホワイトメタル素材のキットメーカーイタリアのFORMULA43の1/43レジンハンドメイドの完成品Racing 43 "Elite"ラインから前回に続いてアルファ147GTAの新色、待望のロッソ・アルファが入荷しました。
今回のモデルではホイールがスポークタイプになります。(*専用ボックス、ケース付き,Alfa Romeoオフィシャルライセンスモデル)


ALFA 147GTA 2003
RE147GTA/RA:\16,800 (*Rosso Alfa)


Back(*内装色:Black)


*Rear View


※スポークタイプホィールの内側にはブレーキディスク/キャリパーも再現しています。

NEW!!RACING 43 "Elite": Alfa 147GTA CUP CAR Presentazione 2003-1/43レジンモデル
   


同じくRacing43"Elite"シリーズに新たに147GTA Cup Carが入荷しました。
本国イタリア始めヨーロッパで開催されるワンメイクレース147GTA-CUPの為のレーシングチューンを施した車両です。
前後に施されたスポイラー、ドライバーズシート以外は取り外されたスパルタンなインテリアはロールケージや消火器に至るまで忠実に再現されてます。
ラリーカー・キットの製作で培ったRacing43の技術がいかんなく発揮されたモデルです。
(*専用ボックス、ケース付き,Alfa Romeoオフィシャルライセンスモデル)


ALFA 147GTA CUP 2003
RE147GTA/CUP:\18,900


Back

NEW!ALFA MODEL43:ALFA ROMEO 6C2500 Spider Scepiale Mille Miglia 1947-1/43レジンハンドメイドモデル

クラシックアルファに特化したブランド、イタリア・ナポリのALFA MODEL43からはアルファ6C2500Spider Specialeです。1947年、戦後第一回目のミッレ・ミリアに出場した6C2500ベースのスパイダーコルサです。
40年代末までの短い期間活動したトリノのカロッツェリアSAIL製の独特のスパイダーボディを架装したこの車はErmanno Gurgo Salice/Gian Maria Cornaggia Medici侯爵組のドライブで総合十位の成績を納めました。
ホワイトメタルキット/モデルの先駆けとして知られたFDSブランドで数々のアルファを製品化したFrancesco de Stasio氏ならではの経験と情熱が生かされ細部まで再現されたモデルです。 

※専用ケース付き(*300個限定品)


Alfa Romeo 6C2500 Spider Speciale M.Miglia1947 :
AM141:(*Rosso Alfa)
※完売


Back(*内装色:Light Brown)

NEW!TRON:ALFA ROMEO 2600 2+2 Spider Touring 1962-1/43レジンハンドメイドモデル
  
イタリアTRON製のレジンハンドメイドモデルです。
1962年のジュネーブショーで発表された2000シリーズの後継モデルはアルファとして久々の6気筒エンジン搭載モデルでした。 ベルリーナ、スプリント、スパイダーが用意され、3基のツインチョークキャブレターを備えたスプリントとこのスパイダーでは最高速200Km/hを唱いました。
カロッツエリア・ツーリング製の2+2シートの優雅なボディを持つスパイダーは1969年までに僅か2,257台が生産されたのみの旧き良き時代の香りをとどめる高級ラインでした。TRONのモデルでもその特徴のあるフロントマスク、伸びやかなボディライン等余すところなく再現しています。

※専用ケース付き(*300個限定品) *Alfa 2000 Spider 2+2 Touringはこちらです。


Alfa 2600Spider 1962:
TRCB021:
※完売



(*内装色:ブラック)

NEW!KLAXON by Gamma Model:ALFA ROMEO 6C2500S Coupe "Re Carlo di Romania" 1942-1/43レジンハンドメイドモデル

イタリアGAMMA MODELのクラシックライン、KLAXONの新作アルファ6C2500Sです。

1942年、当時のイタリア国王ヴィットリオ・エマニュエル3世とは血縁関係でもあるサヴォワ家出身のルーマニア国王カルロの為に製作されたアルファ、6C2500S(*スポルト)クーペです。ビットリオ・ヤーノ設計による当時のアルファの主力モデル6Cシリーズは1939年に2,443ccの排気量を持つ6C2500に発展し、110HPの出力を持つ当時のハイチューンモデルがこのスポルト・クーペでした。
ボディ製作を担当したツーリングの手によって仕立てられたこの車は6C2500Sらしいスポーティなロングノーズ+ショートキャビンのプロポーションでありながら、長く切り立ったフロントグリルでやはり国王専用車としての威厳も感じさせるデザインに仕立てています。
クラシックアルファを得意とするGAMMA-KLAXONのこのモデルは要所にエッチングパーツを使い実車の持つツーリング・クーペらしいフォルムを含めて往時のエレガンスを美しく再現しています。
(*写真の専用化粧ボックス入りです。)


Alfa 6C2500S Coupe Re Carlo di Romania 1942:
KLM029:(Black)
※完売



Back(*内装色:Tan)

NEW!ALEZAN by TRON: Alfa Romeo Giulia "Scarabeo" by OSI 19661/43レジンハンドメイド
    
こちらはショーモデルや少数生産車を含めてのアルファロメオを多数モデル化することで有名なフランスのレジンキット・完成品ブランド、ALEZAN(アレザン)の新作、アルファ・スカラベオ(Scarabeo)です。
OSI (Officina Stampaggio Industriale SpA) は1960年に設立され、後にカロッツェリア・ギアの傘下に入りましたが1968年までFIATを始めとしたイタリア車をべースにした車両開発を行いました。
エジプト王家の装飾にも使われる甲虫「スカラベオ」の名を持つこのプロトタイプは1966年パリモーターショーで発表された少量生産のスポーツモデルを前提にジュリアスプリントGTAの1,570cc-115HPエンジンをドライバーズシート背後に搭載したミッドシップレイアウト(!)のモデルです。
スティールチューブ+シートメタル構成のフレームの上にコンポジットプラスティック素材のボディパネルを架装して車重は僅か700kgでした。 残念ながら結局2台のクーペと1台のスパイダーが作られただけに終わりました。
今も一台がアルファミュージアムに展示されるこの60年代の実験的な車をアレザンのモデルも美しいライトグリーンメタリックのボディカラーも含めて忠実に再現しています。(専用ケース付き)


Alfa-OSI "Scarabeo" 1966 :
 ALM292:(*Light Green Mettalic)
※完売


*Rear View


*Front View


*Side View